ホーム > 主催公演のご案内 > 和楽器クインテットコンサート2017

和楽器クインテットコンサート2017

大盛況のワンコインコンサートから1年!
四日市の観光大使に就任したKUNI-KENを中心にした和楽器奏者5人が再結集し、さらなる和楽器の魅力を発信!

イベント詳細情報

日時 平成29年5月13日(土)

13時30分開場 14時00分開演

会場 第2ホール
出演者情報

KUNI-KENKUNI-KEN(津軽三味線)

三重県四日市市出身の三味線ロックユニット

これまでにシンガポール、インド、ドバイ、マカオ、マニラ、ミャンマーなどアジア各国で公演実績を持ち、国内ではCMタイアップソングのほか、テレビ番組のBGM曲として起用されるなど、国内外で話題を呼んでいる。また「世界フィギュアスケート国別対抗戦2009オープニングレセプション」にて出場6か国の国歌を三味線で演奏。

KUNI-KEN オフィシャルサイト


麗明智翔

麗明智翔(箏)

三重県東員町出身。箏を始めてわずか1年で現代邦楽研究所の編入試験に合格。芸歴2年目にはNHK邦楽技能者育成会に合格する。のちに活動拠点を三重県に戻し、多数の学校で公演や箏の講師を務める。

2016年三重県より「みえの文化びと」に選ばれるほか、ビクター伝統文化振興財団邦楽技能者育英賞、三重県文化賞文化新人賞を受賞。

箏曲麗明社『廣翔会』主宰

箏・十七絃・二十絃奏者。(財)晃麗邦楽会 生田流筝曲 麗明社 大師範


竹内洋司

竹内洋司(尺八)

三重県伊勢市出身。24歳の時、尺八の音色に衝撃を受け尺八を始める。国際尺八コンクール優勝者 岩田卓也氏に現代尺八の教えを受け、「尺八を身近に」「伝統の革新」というテーマで活動を展開。路上ライブなども積極的に行なう。

活動初年度より洋楽器や世界的書道アーティストとのコラボ、公共事業やイベントにも多数出演。コンサートホール、神事など場所やカタチを問わずに活動。2016年Nagoya Pop Up Aritistオーディション合格。

ほかにも元公務員の経験やレイトスターターの視点を生かしての講演会やイベントMCなども行う。


梅村幸生梅村幸生(和太鼓)

愛知県尾張旭市出身。13歳で始めたドラムをきっかけに打楽器の世界へとのめり込み、23歳の時に和太鼓と出会う。

和太鼓を、ヒダノ修一、林田ひろゆき(元・鼓童、Zipang主宰)、橋本光弘(元・鬼太鼓座)各氏に師事し、1999年より本格的に和太鼓演奏活動を始める。

愛知県で活躍する和太鼓仲間を集めグループ活動をする傍ら、個人活動も積極的に行っており、師匠であるヒダノ修一、林田ひろゆき、橋本光弘をはじめ、多彩なアーティスト達とも多数共演。2015年には、「嵐」の全国5大ドームツアー「ARASI LIVE TOUR 2015 Japonism」名古屋公演に和楽器隊の和太鼓奏者として参加するなど活動の場を広げている。

座種・料金 全席指定 2,800円

※未就学児の入場はご遠慮ください。
 託児サービス(予約制)のごあんない
 文化会館では会館主催の公演の際に託児サービスを行っております。
 【料金】:お子様お一人につき 1,000円
 【予約方法】:公演日の7日前(2017/5/6)までにお電話にてお申し込みください。
  公演日当日、開演前までに会場の託児受付にお越しください。
※車イス席、おもいやりシートの販売について
 四日市市文化会館窓口のみ取扱い 販売開始日(2/18)~

チケット販売情報

完売となりました。

※車いす席は販売しております。詳細は四日市市文化会館までお問い合わせください。

その他関連情報

出演者からのメッセージ

公演PV

主催:(公財)四日市市文化まちづくり財団

  • 四日市まちなかイベントカレンダー
  • 四日市市文化会館 アクセスマップ
  • 四日市市文化会館 公式Facebook
  • 四日市市文化会館 駐車場混雑状況

現在の駐車場状況 

 

  • カルチャーサポートシステム
  • グリル四日市 今月の日替わりランチメニュー
  • 四日市市茶室 泗翠庵
  • 四日市ジャズフェスティバル
  • 四日市アーティストバンク